普通の女の子にスパッツ型競泳水着を着せてローション調教した結果…。

   


 

ども、フミです♪

最近、急に寒くなりましたね((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

私の色んな意味での忘れられない出会いとプレイのひとつをお話します。

 

出会い系サイトでとある女性との出会い

ahd01_01

出会い系サイトを利用している時、ある女性の掲示板のメッセージが気になり、返事をしたところから始まったんです…。

そもそも、お互いイヤらしさやエッチな意味合いや変な感じでの出会いではありませんでした。普通に街中で女性同士が知り合って、友達に発展するような感じの流れでした。

「出会い系サイトでの出会い」って聞くとなんだかいくら同姓の女の子同士でもイヤらしいイメージに見えがちですが、私も彼女もレズっ気なんても全くなく、そのままうまくいけば本当に友達同士でやっていけたんじゃないかなぁ…、って思えるぐらいの感じで少しずつ連絡を取り合ってたんです。

 

そう、変態でエッチな私でさえ、その時までは…。

 

私より2つ年下の妹的な的存在で可愛いくて愛くるしい彼女。

日常生活においても性生活においても、どちらかと言えば人に慕う方が多い私は前々から自分を慕ってくれる妹的な存在の友達が欲しかった私。社会人になっても先輩はそれなりに出来たものの、私を慕ってくれる後輩的な子は居ませんでした。

 

そんな中での出会い系サイトでの彼女との出会い

ahd01_03

出会い系サイト内で知り合い、ごく当たり前に連絡を取り合うようになった私達。私のほうが年上と言うこともあり、私の事を慕ってくれて、色々と相談をしてくれたり、本当に私自身も嬉しくて淫乱でマゾの私の変態性生活の中での新鮮な一部でした。

 

でも、やっぱり私っていつも頭の中、えっちな事しか考えていないバカで変態なんで…。

やらかしたんですよね…(汗)

 

頻繁に連絡を取り合う内に食事やショッピングと普通の女友達同士の風景。そんな中、お互いの出会い系サイトの利用のきっかけの話から始まり、私の性癖や変わった趣味を持ってることなど、色々と自分をさらけ出していく私。

 

私はえっち目的や変態目的で興味本位で利用しだした淫乱な変態ドM女。

彼女自身は、付き合ってた彼氏からフラレてしまい、寂しさを埋めるために興味本位で利用してきた普通の女の子。

 

彼女は同じ女性でありながら、自分とは違った非日常生活を送っている私に別世界を見るように興味をさらに持ってくれて興味津々。

私も興味津々の眼差しのそんな彼女に煽られるように変態な自分にブレーキが効かなくなって、変態な性癖やフェチの話しに歯止めが効かなくなり、ありのままをさらけ出す・・・。

下着の代わりにスク水や競泳水着をいつも着ている事やそんな水着を着た日常生活の話やスク水や競泳水着を着用しての数々の赤裸々なプレイやオナニーの事。

彼女にとってはまさにそんな私は、初めて目にする異世界の住人と出会った感じなんかでしょうね。

 

そして私が独りよがりで自分のことをあれよコレよと一通り暴露している時、全く周りが見えていなかったあの時、

一瞬でも私自身、ひと呼吸して落ち着いて彼女を見れば良かったんです。

 

・・・・私の話に少し引き気味だったんです・・・・。

 

私自身の淫乱な性癖が中の良い関係を崩す…

そうですよね〜(-_-;)

よくよく考えれば普通の健全なノーマルな女の子にしてみれば私みたいなスク水や競泳水着を下着の代わりに着て、変態で毎日エッチなことしか考えてなく、過激なプレイなんか当たり前にやっている人間を目の当たりにして実際のとこどうかと思います。

話を聞いてフタを開けてみたら、全く未知の世界の話なんで興味湧くのは当たり前。でだからといって興味を抱くだけでこっちの世界に足を踏み入れるわけがないんですよね(汗

 

でも、私はそんな彼女を無理矢理こっちの世界に引きずり込み、そして傷つけてしまったんです…。

 

何気ない出会いから始まり、『姉と妹』『先輩と後輩』『中の良い女友達』

そんな関係が今後も続いていくような感じだったあの時、少しずつ、そして一気に私の暴走も始まりだした頃。

 

気付いたら、ホテルの浴室に二人でスパッツタイプの競泳水着を着て、お互いローションでヌルヌルでテカテカさせて、そんな状態で私は電マを片手に、そして彼女は…。

 

・・・・泣いてました・・・・。

 

そんな彼女の状態を見て、私は手にしてた電マをどうすることも出来ず、その時はわけが分からずオロオロする始末。

後でよーく考えると、彼女の断れない性格とおとなしいトコに私が強引にこっちの世界に引き入れてしまった事。

でも、そんな事は後の祭りで取り返しの付かない自体に…。せっかくのいい関係はすべて水の泡…。

 

卑猥にテカる2つのスパッツ競泳水着

ahd03_12

可愛い妹みたいな彼女に自分の性癖やフェチ等の変態な数々を話していく内にそんな彼女とエッチな事がやりたくて仕方なかった私。

もちろん、当初は私自身、そしてもちろん彼女にも女性同士愛しあうレズっ気なんてこれっぽっちもありませんでした。

 

ただ私の興味本位と暴走した私の中の淫乱な部分を除いては…。

 

すでに少し引き気味のそんな彼女をリンパのマッサージをやってあげるということで強引に無理やり誘う淫乱の私。もちろん裸では抵抗がある彼女に水着を着てのマッサージを提案。

水着も今流行りのスパッツタイプの競泳水着でお互い着用すれば恥ずかしくないと言うことを理由にそもそもスパッツタイプの競泳水着を持っていない彼女に私の水着を事前に貸しておき、しかも当日は色々な手間を省く為に会う前から服の下に着用してくる事を提案というか半ば強引に強制的に…。

もうすでに断れない性格のおとなしい彼女を強引に強引を重ねて誘う私。

 

マッサージと称してホテルに連れ込み、しかも私の性癖を押し付けるが如く、合う前に普段着の下に簡単にはトイレにも行けないスパッツタイプの競泳水着を着用させるなんて、どこの変態オヤジだか…(汗)

彼女にとっては断れなくて本当に嫌だったでしょうね…(;一_一)

 

当日、待ち合わせの場所に彼女が来るなり、早速のボディチェックで下に水着を着ているか確認。

服の下に窮屈な水着を着ているため、普段とは違った感覚に戸惑い困惑している模様の彼女に私自身少しSっ気が…。

早くにでもホテルに行きたい衝動を抑え、お昼ご飯や街をブラブラと連れ回し彼女の反応を楽しむバカな私。

慣れない水着着用と少し尿意が出て顔を若干赤らめてきた彼女を尻目に内心ではこの状況に少し感じてきたのかなと大きな勘違いの私。

 

それから程なく押し寄せてくる尿意に我慢が出来ない様子の彼女はトイレに行きたいとの申し出に、さすがの私も下に着ている水着はスパッツタイプだから簡単に脱いでトイレを済ますことは困難だと思いホテルへ。

すこし不安げの様子の彼女も本来のマッサージの約束と限界寸前の尿意によってやむなく了承。

 

ホテルまで辿り着いた女子二人は下にスパッツタイプの競泳水着。

マッサージを終えればさっさと脱ぎたい窮屈なこの競泳水着と早くトイレを済ましたい彼女。

何を勘違いしているのか彼女がこの状況に興奮して感じていると思い込み、早く競泳水着同士でエッチな事をやりたくてたまらない暴走変態女の私。

 

もうすでに少しずつですが、確実に壊れかけていく二人の関係…。

 

絡み合う2つの卑猥なスパッツタイプの競泳水着

ahd03_11

ホテルに着くなり着ている服を脱いでスパッツ型の水着同士の女二人。

スパッツ型の競泳水着を今回初めて着用した彼女は恥ずかしそうに顔赤らめてトイレに行きたいのを我慢している様子。

初めてスパッツ水着の着用で自分の指示どうりに会う前から服の下に着用してきて、恥ずかしながらもトイレに行きたいのを我慢している彼女を見て、少し息が荒くなりお股を卑猥なオツユで濡らす私(*´Д`)ハァハァ

 

我慢の限界が近づき、トイレに行こうとする彼女の腕を力いっぱい強引にお風呂場へ連れて行く私。

 

どうしてもマッサージの前にトイレを済ましたい彼女を「終わってからでいい」「マッサージが先だ」等と、とにかく訳の分からない理由を言っては強引にお風呂場に連れて行ったんです。

もうすでにこの時の私って彼女からみたら、頭おかしくて怖い感じだったに違いありません…(汗

私自身もホテルに着いて彼女と水着姿になり、改めて彼女の水着姿を見て興奮が収まらなくなり我を忘れて居たんですから…。

 

半ばレイプまがいに彼女を浴室に連れ込み、用意していたローションを彼女と私自身にこれでかって言うくらいに塗りたくっていく私。

スパッツ型の競泳水着を着て、そしてローションなんて初めての経験にどうしていいか分からない彼女。全身をローションによってヌルヌルにそして卑猥な光沢をもたらしていく2つの競泳水着…。

 

卑猥なシルエットを晒すスパッツ型のハイドロ競泳水着

ahd04_11

貴重なアシックス社製のハイドロ競泳水着。しかもハイドロ競泳水着を際立てるスパッツ型。

お互いの競泳水着を強調するのが如く、ローションによって妖々しくテカるアシックス製のスパッツ型極薄ハイドロ競泳水着。ドロドロとした濃密なローションによって色鮮やかなコントラストと卑猥なシルエットを醸し出すスパッツ型競泳水着。

 

ヌルヌルのネチャネチャの卑猥なローション淫行…。

全身を撫でますように卑猥に這う私のやらしい手つき…。

なすがままに眉間にシワを寄せて目を閉じ、尿意と葛藤している彼女…。

そんな彼女に追い打ちをかけるように私は事前に用意しておいた電マを手にし…。

 

そして、純粋無垢な汚れのない彼女のお股にあてがったのです!!!

 

・・・・・・・・・・・。

 

何度目かの連絡のやり取りの中で一度も大人のおもちゃの類は見たことがあるだけでそれ以上は踏み込んだことがないらしく、以前つきあってた彼氏とも使用したことがない全くの大人のおもちゃ未経験の彼女。

彼女にとっては無機質な大人の玩具は未知の道具そのもの。

その玩具未経験の彼女のお股に、しかも今にも漏れそうなオシッコを我慢している股間めがけて、了解を得るわけでもなく遠慮なく少し乱暴に彼女の意志など関係なく一方的に電マで責め立てる私。

 

どうなるかすでに分かってた私に対して、オシッコを我慢しているオマ◯コに電マなんてあてがわれたらどうなるかも想像すら出来ない彼女…。

 

・・・ブブブッ・・・・ブブブブブ・・・・・ッ・・

 

「えっ!?な・なんですかそれ!?」

「・・・ウフフッ・・・今からいいコトしてあげるね♪」

「ちょ・・・っ・・・・ちょっと待ってく・・・ぃ・・・・あッ・・・!!」

「◯%$※?▲□●!?!!!☆」

「・・・あああああ〜〜〜ッ・・・・・・っ!」

・・ブブブブブブブーーーーーッ

 

目から火花が出るくらいの初めての衝撃の彼女。

そんな彼女を責めながら、眺める私は口元がにやけ、ゆるみ、今にも涎が出てきそうなくらいにだらしなく開け、悪魔の様な顔で責め立てる私。

 

「・・・ヒッ・・・・・・・・っっ・・・・・・ひぎア、はぁぁン・・・・ッ!」

「ダ、ダメッ! そこダメエェッ!!」

「お・・・おねっ・・・がい・・・やめ・・・・・て・・・さい・・・・ッ・・・」

「ッグ、ひぅ、いぅぅん・・・・・んぁァッ!」

「いやいや!いやーーーーーーーーっ!!」

「オシッコ!オシッコ出ちゃ・・・・・う・・・って・・・ッハん・・・」

「あっ!あっ!あーーーーーっ!!」

「だめッッッ・・・・んっ・・・んんん・・・・ぎぃぃぃ・・・」

「・・・・んっ・・・はぁ・・・ぁぁぁぁ・・・ふぅ・・・んっ・・・あぁぁぁぁァァァッ・・・・」

 

・・・・チョロッ・・・チョロチョロ・・・・チョロ・・・・

 

「プシャァァーーーーーーーーッ!!」

 

「いやーーーーーーっ!!」

 

………初めはオシッコをまだ我慢しているフタがゆっくりと、でも確実に開けかけているかのように少しずつスパッツタイプの競泳水着のお股から溢れだしていくオシッコ………。

会う前から簡単には脱いでトイレを済ますことが出来ないので随分と我慢してたんでしょう、濃い黄色い色のオシッコがお股からジワジワと染み出してくる模様。

 

そして、プチン!と切れた糸が弾けるように溜めたオシッコがダム崩壊のように一気に溢れだすオシッコ!!

水着のクロッチをものとせずに勢い良く発射される大量のオシッコ!!!

 

そんな光景に満足の私はその時の彼女の気持ちも察することなく自己中心的で身勝手な私。

 

号泣のスパッツ型競泳水着を着た純粋無垢な彼女

ahd03_06

 

「・・・はぁ・・・・はぁ・・・・っ」

 

「・・・んッ・・・はぁーーーっ、はぁぁ・・・・・ッ」

 

勢い良く噴射されたオシッコがすべて出てしまったのを確認した私はひと先ず彼女の股間にあてがっていた電マを離すことにしました。

敏感なアソコへの無機質な機械の振動からの開放と限界寸前の尿意の開放により激しく肩で息をする彼女。

相当な体力を使ったのだろう額には無数の大量の汗の粒がポツポツと浮き出ているのがよく分かります。

 

(・・・す・凄い・・・!)

(同姓の女の子を責めるのってなんて快感なんだろう!!)

(よ〜し!次はあれして、その次はこれして…)

 

私は電マを片手にそんなバカな事を考えてたんです。

……相手の彼女の気持ちを全く知る由もなく……。

 

そして、それはやってきました。

 

「・・・う・・・うわぁぁぁぁぁぁーーーーーーーーーーーーんっ!!!」

 

突然、サイレンにも似た絶叫がホテルの浴室内に響き渡り、私自身もいきなりの出来事に驚くと同時にそこでやっと目が覚めたような感じがしたんです。

 

・・・号泣しだした彼女・・・。

 

顔がグシャグシャになりながら、大量の大粒の涙を流しながら大泣きしている彼女。

その時、私は初めてことの重大さを冷静に考えることができ、改めてその時の状況を理解したんです。彼女自身はこんな事、こんな結果なんてこれっぽっちも求めてなく、全て私の強引さが招いた結果でした。

あまりにも興奮し過ぎてしまい、まわりが見えなくなってしまい彼女の気持ちも考えず、同姓とはいえ彼女にレイプまがいの事をした私…。

 

もちろん、プレイは即中止にしたんですがすでに時遅し…(-_-;)

大泣きをし落ち着いた彼女はシャワーを浴び、全身をくまなく洗い流し、早々とホテルを後にしたんです。

 

・・・・ホテルに一人取り残された私・・・・。

 

今だにスパッツタイプの競泳水着を着て、全身をローションまみれにし、手には電マをもったまま…。

 

そして、脱ぎ捨てられたもう一枚のローションまみれの競泳水着…。

b0029784_1135910

 

 

当時、私は初めての妹的な存在の後輩ができて、すごく嬉しくて嬉しくてホント可愛いかったんです。そして、私の事に少し興味を持ってくれたことを勘違いして強引にこっちの世界に連れ込もうとした結果がこれです。

ただ単に彼女は自分と違った同姓に興味を持ったけど、

 

・・・ただそれだけ・・・。

 

興味を持っただけで、普通のノーマルな女の子。今では全く連絡も取れず、出会い系の場からも消えた彼女。

もう一度、会うことが出来たらちゃんと謝りたいなぁ…。

 

・・・はぁ・・・・。

 

私のバカな行為がなかったら、今でもずっと中の良い関係が続いてたかなぁ…。

ちなみにあの後一人ホテルに取り残された私は彼女が脱ぎ捨てた水着を上から重ね着して気が狂うほど電マでオナニーをしまくりました…。

全く反省の色がない私になんて、まともな人間関係なんて出来やしないんですよね(^_^;)

私には、”快感”さえあれば良いんです♪

 

今回のスパッツ型競泳水着レズプレイ未遂の参考画像元です♪

ahd03_05

競泳水着の中でもとても貴重なアシックス社製のハイドロ競泳水着。そんなハイドロ競泳水着のスパッツタイプの競泳水着を着た女の子二人がこれまた惜しげもなく、濃厚にしかも卑猥に絡みまくります。

お互いのハイドロスパッツ型競泳水着を唾液でテカるまで舐めまくり、お股に電マを挟んで交互に刺激合い。さらに浴室での濡れ場では競泳水着の本来の姿が醸し出す。

一番の見せ場は大量のローションでお互いヌルヌルになりながらの濃厚・濃密なレズプレイ!!

二体のハイドロ競泳水着がリアルな光沢感も晒しながら、濃密に絡み合うその姿はエロそのもの(*´Д`)ハァハァ

普通のレズビアンでは味わえない、ハイドロ仕様のスパッツ型競泳水着同士のありとあらゆるシチュエーションを堪能してみませんか?

↓↓↓

 

 

 

 


フミの一押し♪

1
現役女子校生に近い年の女の子とスク水エッチ

1、2年前まで女子校生でキャピキャピ言わせていた元女子校生がモデルでしかも体操服 ...

2
丸首体操服とブルマの下には愛液でベトベトのスク水着用

ども、フミです♪ さて、第一弾のエロ動画紹介は何にしょうかと色々と悩みました。 ...

3
競泳型スク水の新しいプレイ方法でマンネリ解消

久しぶりの更新かな? フミです♪ 皆さん、元気にしていましたか? スク水フェチの ...

4
女子用の競泳水着を着用した変態男を調教

ども、フミです♪ 今回は、競泳水着のエロ動画のご紹介です。 競泳水着フェチの皆さ ...

5
なんか透けていると思ったら、セーラー服の下にスク水着用

水泳の授業がある日は、必ずといっていい程、制服や服の下にスク水を着用して登校して ...

6
女子用競泳水着を着用した変態男と濃厚競水プレイ

男女ともに女子用の競泳水着を着用しての競水プレイ、 私、大好きだな♪ 男の人が着 ...

7
セーラー服の下にスク水着てウエットプレイ

ども、フミです(`・ω・´)/ 前回の【ねぇねぇ見て!制服の下、スク水だよ♪】に ...

8
パイピングタイプの競泳型スク水のすべて

ども、フミです♪ スク水フェチに絶大な人気を誇るスク水言えば…。 やっぱり、パイ ...

9
パイピング競泳型スク水のお股はいつもシミだらけ卑猥です♪

  ども、フミです♪ 以前からのパイピングタイプの競泳型スク水のエロ動 ...

10
競泳型スク水って生地が薄いから乳首が勃ったらヤバい(汗)

  中学生や高校生になるとこのパイピングタイプの競泳型スク水を好むよう ...

 - スパッツ競泳水着, レズ , , ,